漢方心愛薬局

漢方心愛薬局

開局時間アイコン開局日程 アクセスアイコンアクセス

お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

2020年12月14日月曜日

原因不明の腰痛にも漢方薬がよい

 つら~い腰の痛み

原因のはっきりしているものは全体の15%で、年代別に多く出るものを紹介すると

10~40代は椎間板ヘルニアが多い。これは髄格が外にでて神経を圧迫するために痛みがでます。前かがみになるのがつらく、足の痛みやしびれもでてくるのが特徴です。


50~70代は脊柱管狭窄症が多く、脊髄から両尾神経を圧迫ために痛みが出ます。背中をそらすと痛い、休み休みでしか歩けないのが特徴です。


70歳以降に多いのが、圧迫骨折による痛み。腰椎そのものがつぶれたことによる痛みがでます。前かがみをしても痛み、そらしても痛いのが特徴です。


画像検査で異常のない腰痛は、なんと全体の85%をしめます。

このような腰痛は、体の内側のバランスを調えたら改善していきます。


どのような時に痛みがひどくなるかで、使う漢方薬は違ってきます。

冷えたときに痛み、温めるとラクになる。⇒冷えが原因しています。

お天気が悪い時に痛みがひどくなる。重だるい痛みがある⇒水はけが悪いことと

                           胃弱が原因しています。

夜間に痛む、古傷が痛む。⇒以前に手術や打ち身などされていたら、そこの血液の循環が

              悪くなっていることが原因です。

ストレスがあると痛みがでる。⇒血液の循環が悪くなっていることが原因です。

加齢による腰の痛み。⇒体重をささえきれなくなって痛む、曲がるといった症状がでます。

           骨にも影響が出てくるので、寝たきり要望のためにも早めに

           ケアしておきましょう。


病院では痛み止めやシップなどが出ますが、ずっと飲み続けると胃の不調や血行不良になり、なかなか改善してくことが出来ません。また、痛みを我慢することで、さらに治りにくくしてしまいます。

痛いので動きたくない

➡動かないので筋肉が減る

➡痛みが改善するどころか、ますます痛くなってしまう。

➡姿勢が悪くなり、体が曲がってしまったり、前かがみや反り腰になってしまう。

こうなってしまうと残念ですがもとに戻すことが出来ません。


漢方薬局で出来ることは、血行の改善や骨や筋肉といった体づくりのお手伝いが出来ます。お気軽にご相談ください(^-^)    


漢方心愛薬局 アクセスマップ
お店にぜひお越しください!!幸せうさぎ

漢方心愛薬局、店舗
漢方心愛薬局のGoogleマップへ
ご継続でご来店のお客様・初回ご来店のお客様に駐車場代として200円分をサービスさせて頂きます。
(例)Aコインパーキング 30分 100円・2019年11月現在
ご継続でご来店のお客様・初回ご来店のお客様に駐車場代として200円分をサービスさせて頂きます。
(例)Aコインパーキング 30分 100円・2019年11月現在
〒617-0002 京都府向日市寺戸町二枚田4-78
 Tel.075-922-3444
阪急京都線 東向日駅下車 徒歩3分(大阪方面に向かい二つ目の踏切近くです。)
JR 向日町駅下車 徒歩8分(阪急東向日駅を目指します。踏み入りを渡らず、線路沿いの道を左へ向かい次の踏切近くです。)
〒617-0002
京都府向日市寺戸町二枚田4-78
Tel.075-922-3444
阪急京都線 東向日下車 徒歩3分
(大阪方面に向かい二つ目の踏切近くです)
JR 向日町駅下車 徒歩8分
(阪急東向日駅を目指します。踏み入りを渡らず、線路沿いの道を左へ向かい次の踏切近くです。)